対馬アウトドアモニターツアー「ちょっぴりランドネ風」

2021/04/07

シーカヤック

 こんにちは、韓国出張中、プサン駅横の東横インから局長Nです。

 さて、9月10日(水)~11(木)の2日間、今年2回目の対馬アウトドアモニターツアーを実施しました。

 アウトドアブランド「マウンテンハードウェア(キャナルシティオ―パ店)」の山ガールTさんと、「コロンビア スポーツウェア(アミュプラザ博多店=博多駅)」のHさんに、浅茅湾シーカヤックと白嶽トレッキングを楽しんでいただきました。

 前回の博多阪急様のモニターは初日が荒天、2日目は最高の天気でしたが、今回は2日とも好天に恵まれました。

 モニターツアー初日はいつものように、九州郵船の深夜フェリーで対馬・厳原港、朝7時に下船です。

 (ちなみに、対馬アウトドアモニターツアーとはこんな事業です)

いさり火公園

 カヤックツアーまでに時間があるので、朝日が綺麗な漁火(いさりび)公園(Googleマップ)へ。

 いつもの参加者はフナメンよりも男らしい女性が多い(失礼)のですが、今回は女性アウトドア誌「ランドネ」風。

変な人よりぼう

 今回のツアーガイドは、対馬カヤックス。

 中央の変な人は、今回モニターツアー初参加の協会スタッフ観光担当「よりぼう」です。

パドリング講習

 ガイドの中澤さんは、韓国や佐賀県呼子まで漕いでいったという猛者ですが、なんだかとても嬉しそうに見えるのは私だけ??

パドリング講習

 パドリングの講習を受けて、いざ海へ!

ツアーの様子

 最初はパドリングに慣れず、右に左に揺れていましたが、すぐに慣れてこの笑顔。

 「シーカヤック、楽しい~!」

石ころアート

 石ころアートの時間です。

鋸割岩

 40m超の断崖絶壁、名所・鋸割岩(のこわきいわ)の直下を行きます。

大吉戸神社

 7世紀に築かれた古代山城・金田城(かなたのき)の鎮守・大吉戸(おおきど)神社から上陸。

トレッキング

 「冒険って感じ~」

ダンギク

 秋の城山を代表する名花「ダンギク」が咲き始めていました。

二の城戸

 二ノ城戸(にのきど)。城戸は城門のことで、山城の外部と内部をつなぐ重要な場所です。

ろくべえ

 サツマイモを原料とする対馬独特の郷土料理「ろくべえ」を神社前の広場でいただきました。

 「はじめての食感だけど、おいしい!」

無人島に上陸

 無人島・明礬島(みょうばんじま)に上陸。

無人島で海水浴

 「泳いでいいですかっ?!」

 「どうぞー」

 「やった! 今年、初、海!!」

無人島でコーヒー

 無人島でコーヒーをいただき、島時間がゆっくりと過ぎていきました。

鮎もどし自然公園

 カヤックツアー終了後、夕方から鮎もどし自然公園(Googleマップ)へ。

 清流・瀬川が、花崗岩の岩床を削ることでうまれた奇観です。

対馬の植物講座

 私は、対馬市民総ガイド化計画事業の講座「対馬の植物」編と翌日の仕事のため、案内を厳原部会・トレッキング担当Aにバトンタッチ。

白嶽トレッキング

 翌日は、協会スタッフMを含めた女子4人で、九州百名山・白嶽(しらたけ)へ。

白嶽トレッキング

 白嶽は518mの低山ですが、登山口の海抜は50m。標高差が468mもあります。

断崖絶壁

 おまけに山頂部は断崖絶壁なので侮れません。

 十分な装備と心の準備をお願いします。

 「ひえ~!」

山頂のパノラマ

 「しんどかった! でも絶景!!」

山頂の風景

 霊峰山頂で神聖な時間を堪能中。

エヌの世界 > トレッキング > 白く輝く霊峰 白嶽

お見送り

 白嶽下山後は、お風呂に入ったり、買い物をしたり・・・。

 マイペースなTさんとHさんのランドネ風ほんわかモニターツアーとなりました。

 ありがとうございました(^_^)/