対馬の自然、6月上旬編

2021/07/13

ゲンジボタル

 こんにちは、6/14(金)の満員御礼のホタル観察会に、台風を呼びそうなミスター・タイフーンこと局長Nです。

 職場や参加者の方の視線が痛いです(-_-;)

 さて、6月といえばホタルの季節です。

 対馬のホタル情報をお届けします。

 >>2013年・対馬ホタルマップ(Googleマップ)

 対馬在住の方は、中部・北部の情報もプリーズ<(_ _)>

焼松のホタル

 2013/6/6(木) 対馬市美津島町鶏知・焼松地区のホタル。

 川幅が狭いので、ゲンジボタルを間近で鑑賞することができます。

ビワ

 2013/6/8(土) 高級フルーツとされる「ビワ」は、もともと中国から来ているようですが、対馬ではあちこちで見ることができます。

 ほとんど間引きや袋がけなどの手入れをしないので、小さな果実が無数に実ります。

クワの実

 クワの実。

 黒く熟したものは食べられます。

ハクウンキスゲ

 日本では対馬だけに自生するキスゲの仲間「ハクウンキスゲ」を初確認。

 対馬を代表する夏の花のひとつです。

上山のホタル

 対馬市厳原町樫根・上山地区のホタル。

 川沿いの樹木の葉陰にかなりの数のゲンジボタルがいて、川面を舞います。

 見物人も多かったです。

 これを見ていただくために、ホタル観察会を企画したんだけどなあ(-_-;)

加志のツシマヒメボタル

 対馬市美津島町加志・太祝詞(ふとのりと)神社のツシマヒメボタル。

 1分間に80~90回という短い間隔でフラッシュ光を放つ、対馬特産の小さなホタルです。

 漆黒の闇で手元も見えず、写真には何も写らず(-_-;)

 太祝詞神社は古い歴史をもつ名神大社で、一人で行くとかなり怖いです。

焼松のホタル

 もういっちょ。

 対馬市美津島町鶏知・焼松地区のホタル。

 ゲンジボタルは7月上旬ぐらいまで楽しめそうですが、台風が接近していることもあり、そろそろピークを迎えるのではないでしょうか。